私の得意な店それは、どうしても勤勉であるということです。

私の得意なポイントそれは、どうしても勤勉であるということです。目下ボクは、教え子で言える。カレッジという時は正に千差万別まったく違う時間の過ごし方をする。私の場合は、部活に時間に費やしている。日毎リハーサルでなんで部活に入ってしまったんだろうということも多い。ただし、他の教え子よりも、充実した毎日を送り、しかも得ているものは、本当に多い。ボクは、何とかすることがとても下手で、生まれてなんとかマネージャという身許に経ちどんなことをすればいいのかわからなかったり、負けいくさもとりどりしました。けれども、最近になってわかったことがあります。マネージャーは選手みたいに決まりきった仕事はありません。だからこそ、逆にセルフが試されるのです。講話しようと思えば沢山できます。頑張ろうといった思えば沢山役回りはあります。ボクが一番大切だと想うことは、マネージャーも組織の部員であるということをある程度おもうことです。だからこそ、目下ボクは、一つの目安がある。日本一のマネージャーになって組織をインカレに連れていくことです。そのためにも、水球の良心や調教の技を終始勉強している。梅田の全身脱毛サロンをチェック