昔のプレイと言えば、天命娯楽、ドッジボール、魚釣り、ビー玉、昆虫採取、そして缶けり

昔のレジャーと言えば、生活本番、ドッジボール、魚釣り、ビー玉、昆虫採取、そして缶けり。なぜかこういう缶けりがお家芸中のお家芸だった。
缶けりの極意は鬼にならない事柄、それに涸れる。初めて鬼にどうも抜け出すことができなくなるからだ。
なぜならユニットで缶をめざして歩き寄られたら鬼は缶を全部のパイ踏むなんて絶対に無理だからです。これは一種のいじめだったのかもしれない。ですから鬼には絶対にならない対策、最初には見つからない事柄、これだけは著しく心に決めて遊んでいた。
誰かが一人でもつかまりさえすれば後はこっちの小物。遠巻きから缶のある人物へ忍び寄り、後はシングルで缶を蹴る。その時のさわやかさは今でも忘れない。ユニットで鬼に走り回り寄るのはしょっちゅうすることではなく、たとえば鬼になったのがむかつく輩だった期間とかだけだった。
遠巻きから缶のあるスポットまでどうして迫るかを計画として練り上げるのが思い切り楽しかったし、スリリングだった。からっきし自分が忍者という気がして遊んでいたって記憶してある。
今日ふっとおもうのが、一度でいいから当時のメンバーで大人の缶けりをしてみたい、です。http://www.offroad-kangaroo.com/